明るいところでまぶしく感じる

白内障の初期の症状は明るいところで光をまぶしく感じるようになります。後期になると明暗がわかるだけとなります。

白内障とは

目の中の水晶体(レンズ)が濁る病気です。光を十分に通さないため、もやがかかったような状態になり物が見えにくくなります。白内障は歳を取ると避けることができない病気です。60歳を超えると多くの方に症状が出るといわれています。

点眼や手術で治療が可能です

白内障の治療は主に2つあります。状況により以下の治療を施します。

点眼治療

初期の状態で日常生活にさほど支障がない場合は点眼治療で治します。ただし白内障の進行を遅らせるための治療なので根本的に治す訳ではありません。

白内障手術

視力低下が著しく仕事に影響が出るという場合は手術により治療をすることができます。重度の場合は明暗がわかるだけという状態になるので医師と相談して適切に治療を施すべきでしょう。

こんなときは要注意

以下の状態を感じたら眼科で検査をしてみましょう。

  • 最近かすみ、くもりを感じる
  • 昼間にまぶしく感じる
神戸神奈川アイクリニック
400,000症例以上の実績。アイレーシック症例数は国内No.1。札幌/新宿/恵比寿/名古屋/梅田/堂島/三宮/小倉/天神。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック
SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんも治療を受けたSBC。交通至便で低料金。生涯保障の安心感。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック