放置すると失明に至ります

緑内障により萎縮した神経は二度と以前と同じ状態には戻りません。症状を感じたら病院で受診しましょう。

緑内障とは

眼の中の圧力が高まり脳からの視神経を圧迫し萎縮してしまい視野が狭くなるという症状です。放っておくと失明にまで至る危険性があるのできちんと病院で受診しましょう。

検査をしてみよう

40歳以上の方の17人に1人が緑内障の疑いがあるといいます(※)。視野が狭くなっても実際には両眼で見るために見えていないことに気が付かないことが多いので注意が必要です。

※いりなか眼科クリニックHPより

早期発見が大事

初期状態のときは自覚症状がないままゆっくりと進行します。一度失った視野は元に戻ることがないので定期的に検査をして早めに発見するようにしましょう。

こんな方におすすめです

以下に該当する方は検査をしてみてはいかがでしょうか。

  • 40歳以上の方
  • 血縁者に緑内障患者のいらっしゃる方
  • パソコンなどの画面を長時間見続ける仕事をされる方
  • 視力表の一番上が見えないほど強い近視(高度近視)の方
  • ヘビースモーカーの方
  • 眼圧が高いと以前に診断された方
  • 健康診断などで緑内障の疑いがあると診断された方
  • かすみや視野が狭く感じる方
  • 網膜の異常がある方
神戸神奈川アイクリニック
400,000症例以上の実績。アイレーシック症例数は国内No.1。札幌/新宿/恵比寿/名古屋/梅田/堂島/三宮/小倉/天神。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック
SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんも治療を受けたSBC。交通至便で低料金。生涯保障の安心感。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック