コンタクトレンズに頼らない裸眼での生活が可能です

毎日の生活が快適になるということがレーシックの最大のメリットです。コンタクトレンズの装着や洗浄といった日々の雑務から解放されます。

レーシックとは

角膜の表面を薄く削りフラップというフタを作ります。そのフラップをめくりエキシマレーザーを照射して視力を矯正するという治療法です。角膜上皮は再生しますが、エキシマレーザーを照射する角膜実質という部分は成長や再生をしない組織ですので、矯正効果は半永久的に持続すると考えられています。

近視手術をより詳しく理解する

レーシックにまつわる疑問に回答します。都市伝説ともいえることもあるので、しっかりと理解してください。

失明はしません

そもそもレーシック手術は角膜の表面のみに行います。視力に関わる視神経など眼球内部には一切治療を施しません。専門医が適切に治療を行うことで失明の危険性は限りなくないといえます。

合併症などのリスクはあります

しかし合併症や感染症といったリスクの可能性は少なからずあります。例えば手術当初は異物感やしみるといった感じることもあります。また夜間の見え方が変わるため光がにじんだりまぶしくなったりすることもあります。他にもドライアイになる可能性もあります。ただしこれらは一時的なもので時間の経過と共に解消していきます。

信頼できるクリニックを選びましょう

近いから、安いからというだけではなく、自分が納得して信頼できるクリニックを選んでください。大手専門医では適応検査や説明会を無料で開催しています。これらに参加して比較検討することをおすすめします。少なくともきちんと説明責任(インフォームドコンセント)を果たさないクリニックは止めた方がいいでしょう。

神戸神奈川アイクリニック
400,000症例以上の実績。アイレーシック症例数は国内No.1。札幌/新宿/恵比寿/名古屋/梅田/堂島/三宮/小倉/天神。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック
SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんも治療を受けたSBC。交通至便で低料金。生涯保障の安心感。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック