裸眼視力を回復させるコンタクトレンズの治療法です

裸眼の視力を矯正するという点ではレーシックと同じように聞こえますが、オルソケラトロジーとは特殊なコンタクトレンズを付けることで視力回復をはかります。

オルソケラトロジーとは

夜寝ているときに特殊なコンタクトレンズを装用します。朝起きたらレンズを外し、昼間は裸眼で過ごします。近視の角膜形状を正常な形に矯正することで、裸眼視力を回復させるという治療法です。

オルソの特徴

レーシックなどに興味があるけれども手術をするのは怖い、そんな方におすすめの治療法です。

手術をしないという安心感

レーシックは安全性が高いとはいえ少なからずリスクは存在します。どうしても手術が怖いという方に向いているといえます。

未成年の方でも治療可能

未成年の方はまだ目が成長途上にあるため矯正手術を受けることはできません。この点オルソは小学生や中学生などの方でも治療をすることができます。

治療を止めると元に戻ります

ただし注意してほしいことが治療に終わりがないということです。オルソレンズを装着することで角膜の形状を矯正しますが、装用を中止すると元の状態に戻ってしまいます。また強い近視の場合は効果が見込めない可能性もあります。

神戸神奈川アイクリニック
400,000症例以上の実績。アイレーシック症例数は国内No.1。札幌/新宿/恵比寿/名古屋/梅田/堂島/三宮/小倉/天神。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック
SBC新宿近視クリニック
加藤夏希さんも治療を受けたSBC。交通至便で低料金。生涯保障の安心感。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック